intersection

intersection – Mac,iPhone,iPad,iPod,Android,Windows…パソコンが好き・スマホが好き・ガジェットが好きなオジサンのBlog

f3b2d2b63626ee92f74e86adb24e712d.png

POWER SUPPORT エアージャケットセット for iPhone6 Plusをつけてみた


POWER SUPPORT エアージャケットセット for iPhone6 Plusをつけてみた

iPhone 6 Plusを発売日に購入しました。

iPhone 6 Plus購入!docomoで!シルバーの64GBに! | intersection

毎年、新しいiPhoneが出た時にはとりあえず発売されているケースを買って使い、あのケースが出るのを待っています。
そう、あのケース・・・。

iPhone 6Plus
iPhone 6Plus Photo by cc415peci

今年も、予約注文してましたパワーサポートのAir Jacket™ set for iPhone6 Plus

パワーサポート Air Jacket™ set for iPhone6 Plus

僕は、ケースと言えばエアージャケットっていうくらい愛用しています。
今まで・・・

  • iPhone 4
  • iPhone 4s
  • iPhone 5
  • iPhone 5s
  • iPod Touch(第4世代、第5世代)
  • iPad mini
  • iPad Air
  • そして、

  • MacBook Air 11-inch
  • ぜぇ〜んぶ、エアージャケットを使ってきました。

    今回、iPhone 6 Plusにしてサイズが変わりどーしよー!って思ってたんですが、
    大きくなったエアージャケットはどんな風になるのか気になったりもしたので予約していました。
    そして発売日の2014年10月3日。届きましたので早速つけてみたいと思います。

    AirJacket iPhone6+001

    開封します!

    でかっ!あったりまえですが、でかく感じますね。

    AirJacket iPhone6+002

    AirJacket iPhone6+003

    パワーサポートのWebサイトで注文したので「真贋判定ビューワー」なるものがついてきました。偽物に注意!!

    中身は、エアージャケットとクリスタルフィルム、クリーナークロスが入っています。
    それと、エアージャケットのセット方法、外し方の書いてある紙が。

    クリスタルフィルムを貼ってみた。

    まずは、液晶保護フィルム。クリスタルフィルムを貼ってみました。
    いやー、なんじゃこりゃ?ッて感じですね。
    液晶の端の方がカーブをえがいているから仕方がないんでしょうけど、本体より一回り小さいのってもの凄くかっこ悪い・・・。

    AirJacket iPhone6+004

    ちょっと分かり難いかもしれませんが、ホームボタン周りはこんな感じです。
    脇のベゼル部分にはフィルムはかからない感じです。
    横幅は、液晶のサイズ。それより外側は保護しない(できない)仕様。

    AirJacket iPhone6+005

     

    上部はこんな感じ。一回り小さいです。コレ、すっごいヤダ・・・。
    ちょっと、曲がっちゃった・・・。

    これから、保護フィルムはしっかり覆うタイプが出てくるのでしょうか?
    画面のカーブにあわせて曲がっているガラスくらいしか対応できない気もしますが・・・。フィルムは全滅か?

    この、”一回り小さいサイズ”は絶対に正解ではないと思います。
    カッコ悪いよ!
    これなら、何も貼らないほうがいい気がします。少しこのまま使ってみますが・・・。

    少し使ってみた感じ、フィルム自体は指紋がつきにくくとても良いものだと思います。

    液晶保護には、iPhone 4sの頃からガラスの保護シートを使ってきたので
    かなり久しぶりに保護フィルムを貼ったのですが、指紋や脂がつきにくく、かなり綺麗に使えますね。コレなら。
    さすが、パワーサポート!って言えちゃいますね。
    サイズさえなんとかできていれば・・・。残念・・・。

    エアージャケット装着!

    ではでは、装着します!

    AirJacket iPhone6+006

    今回購入したのは、クリア。iPhone 6 Plusがシルバーなので綺麗に見せてくれるクリアタイプにしました。

    エアージャケットのセットはクイっと押しこむ感じ?
    左上の角を入れて右上を押し込むようにカチャっと
    iPhoneの周りが丸くなっているので、エアージャケットにiPhoneをはめる感じですね。
    カメラの出っ張りもケースをつければ大丈夫!カメラの出ている部分より少しケースの厚みがある感じです。ほぼ同じと行ってもいい感じかな。

    AirJacket iPhone6+007

     

    ココの部分が、良いですね。
    この部分が他のケースとは違いますね。しっかりガードしてくれます。

    AirJacket iPhone6+008

    スリープボタンまわりはこんな感じ。
    無駄に大きく開いていないところがエアージャケットの魅力です。

    AirJacket iPhone6+009

    ボリュームボタンの周り。切り欠きのサイズは最小限に抑えられています。
    かといってボタンが押しにくい、ということは全くありません。
    良いです。

    iPhone 5/5s用のやつと同じようにしっかり背面と周りをガードしてくれますね。
    ただ、今回気に入らないところがもう一つ・・・。

    AirJacket iPhone6+010

    この写真では分かり難いと思うんですが、
    エアージャケットの液晶側の縁(うまく説明できない・・・。)
    iPhoneに引っかかるところ?爪?が、出てる・・・。
    液晶の真ん中からiPhoneの縁に指をすべらせるとエアージャケットの爪(?)の部分が引っかかります。
    コレって、iPhoneを液晶を下にしておいた時に直接つかないようになっているのだろうか?

    iPhone 6 Plusのケースはコレが正解だろうか・・・?

    iPhone 6 Plusは、大きくサイズもかわり今までと同じ使い方ではなくなってくると思います。
    それにあわせてケースも考えないといけない気がしますね。
    iPhone 5sまでは、「裸が一番美しいからそれを邪魔しない」ということを重視してました。
    iPhone 6 Plusは液晶面のエッジが丸くなっていますね。
    それにあわせて液晶保護フィルムやガラスの保護シートもサイズがおかしい・・・。
    これなら、液晶保護シートは貼らずにFUSSOコートだけでいったほうが良いかな?って思ったりもします。

    液晶保護できないなら、液晶面がカバーできるケースにすることも考えたほうが良いかもしれませんね。
    iPhoneが大きくなり、そもそもズボンのポケットじゃなくカバンの中に入れることが多くなる。
    それなら液晶面までカバーできるケースを。
    っていうのが、正解かもしれませんね。iPhone 6 Plusの場合は。

    エアージャケット、今までずっと愛用してきましたが、もしかするとiPhone 6 Plusでは使わなくなるかもしれません。
    ただ・・・。
    iPhone 6だったらどうする?

    コメントは受け付けていません。